ここから本文です

ザック・エフロン、『ハイスクール・ミュージカル』の自分が嫌い

ELLE ONLINE 5月24日(火)20時49分配信

雑誌『メンズフィットネス』のインタビューに答えたザック・エフロン。これまでのキャリアについて分析し、「一歩引いて、自分自身を見つめてみると、ときどきあいつの尻を蹴ってやりたいと思うんだ」とコメント! 「彼は本当にやな奴だ。クールな俳優たちとクールな作品もいくつか撮ってる。『ネイバーズ』みたいな面白い作品も作ってる。でも彼はそれでもやっぱり『ハイスクール・ミュージカル』の生意気なガキなんだ、って思うよ」とか!

ちなみに『ネイバーズ』で共演したセス・ローゲンも始めはザックのことが嫌いだったもよう。ザックのアイドル時代を見ていたセスは「あまり好きになれないタイプの男だと思ったんだ」とか。「でも彼はとても控えめで自虐的で、大好きになったよ。彼は僕の心を勝ちとったんだ」そう!

今ではすっかり仲良しのセスだけれど、彼に嫌われていたことがショックだったのかも……。とはいえ「HSM」がなかったら今のザックがいなかったのも事実。今となってはアイドル時代が恥ずかしいかもしれないけれど、否定しないで! セスもキュートでモテモテなザックに嫉妬していただけだろうから!(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:5月24日(火)20時49分

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。