ここから本文です

【MLB】イチローまた4安打で驚異の打率.417 3戦連続マルチで3000安打まで「40」

Full-Count 5月24日(火)11時25分配信

チームを勝利に導く活躍、ここ3試合13打数10安打で打率4割超え

 マーリンズのイチロー外野手が23日(日本時間24日)の本拠地レイズ戦で今季初めて3試合連続でスタメン出場し、またも4安打を放った。ここ3試合連続マルチ安打で、13打数10安打。打率は驚異の.417となった。1試合4安打以上は現役最多の53度目で、メジャー通算2960安打とし、3000安打まで残り40本。また日米通算4238本とし、最多安打のピート・ローズの4256本まで「18」とした。マーリンズはイチローの活躍もあり、7-6で競り勝った。

イチロー、世界一の安打製造機へ MLB歴代通算安打数ランキング

 イチローが止まらない。この日も背中を痛めたイエリッチに代わり、「1番・レフト」でスタメン出場。その第1打席。相手先発の左腕ムーアから中前打を放つと、プラドのレフトオーバーの二塁打で生還。さらに同点の2回1死走者なしの第2打席では左前打。1点を勝ち越した後の4回2死三塁の第3打席では右前適時打を放った。

 6回2死一塁の第4打席では2番手右腕ラミレスに一ゴロに打ち取られたが、同点に追いついた直後の8回1死一塁の第5打席では左腕ロメロからライトへこの日4本目のヒットをマーク。一、三塁とチャンスを広げると、マーリンズはプラドの投ゴロの間に勝ち越しに成功した。

 イチローはここ3試合で10安打を放ち、3000安打に一気に40本と迫った。同一シーズンの3試合連続複数安打はヤンキース時代の2012年9月19日から22日の5試合連続以来、4年ぶり。21日(同22日)のナショナルズ戦でも4安打を放っており、この日も5打数4安打1打点1得点の活躍。イチローのバットは絶好調だ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月24日(火)13時2分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報