ここから本文です

関東鉄スクラップ、一部炉前2万円割れ 週明け1000―2000円続落

日刊産業新聞 5月24日(火)12時26分配信

 関東地区の鉄スクラップは週明けにかけて1000―2000円続落した。23日時点の地区電炉メーカーの鉄スクラップ炉前購入価格(H2)はトン2万―2万2000円前後。21日から東京製鉄宇都宮工場がトン1000円買値を引き下げたほか、地区電炉メーカー11拠点が23日までにトン1000―2000円買値を引き下げ、メーカーによってはトン2万円割れとなっている。

最終更新:5月24日(火)12時26分

日刊産業新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]