ここから本文です

冨田真由さんの事件は「アイドルとファンの問題」でなく、誰にも起こり得る

BuzzFeed Japan 5月24日(火)21時1分配信

21日に東京・小金井市で起こった刺傷事件で、被害者であるタレントの冨田真由さんが「アイドル」とメディアで報じられていることに違和感を覚えるとの声が相次いでいる。
【BuzzFeed Japan / 徳重辰典】

【動画】ライブで歌う冨田真由さん

事件が起こった21日、読売新聞は冨田さんの肩書を「タレント」としたが、そのほかの新聞、テレビ局は「アイドル」「アイドル活動をしている」と報じた。
23日からNHKは肩書を「女子大生」と変更したが、事件は「アイドル刺傷事件」として一般に浸透したこともあり、冨田さんは多くのメディアでアイドルとされている。

だが冨田さんの最近の活動をみればアイドルではなくシンガーソングライターと呼ぶのが適切かもしれない。

冨田さんは2010年に芸能事務所ホリエージェンシーからデビュー。在籍期間中にはドラマと連動したアイドルグループ「シークレットガールズ」のメンバーとして活動した。2014年に事務所を離れたのちは女優としてドラマや舞台を中心に活動した。

その後、冨田さんは預かりの形で有限会社マージに所属。事件の2週間前にはシンガー・ソングライターを目指すため、マージから離れ、フリーになっている。
関係者、ファンも冨田さんは「シンガーソングライター」と呼ぶ

実際の冨田さんの活動はどうだったのか。冨田さんは昨年10月からアコーティストアーティストの集まるライブイベント「Aco Life 」に出演している。

会場となった東京・虎ノ門のレストラン「イタリアン・カメリーノ」の責任者もBuzzFeedの取材に「ライブに登場するのはフォークシンガーであったりと歌手の方。冨田さんについても、自分で曲を作り、意思をもって活動していた。シンガーソングライターとして考えています」と答え、冨田さんがアイドルと呼ばれることについて「冨田さんの肩書はシンガーソングライター。せめて元アイドルだと思う」と話した。

ファンも冨田さんをシンガーソングライターとして見ていた。2年前から始まった冨田さんのライブのほぼすべて訪れている知人のAさんはBuzzFeedの取材にこう答えた。

「真由ちゃんが自分のことをアイドルだと言ったことは1度もありません。あっても女優、もしくはシンガーソングライターです。私は彼女の内面を出すようなしっかりとした気持ちのある歌を聴きに行ってました。周りのファンも純粋に歌を聴きに、真由ちゃんに会いに行っていたんだろうなと思います 」

一方テレビは連日事件を「アイドルとファンの問題」と報道している。24日朝にはテレビ朝日、TBS、フジテレビ、日本テレビのワイドショーが事件について報じたが、冨田さんの扱いは「アイドル」だった。

4局は冨田さんの事件とあわせてアイドルとアイドルファンの間で起こった過去のトラブル事例について報じ、テレビ朝日を除く3局では現役アイドルが自らのファンとの恐怖体験について語った。

「アイドルとファンの問題」については、BuzzFeedでも現役アイドルの優月心菜さんの発言を取り上げた。

テレビ各局も、アイドルの世界では近年は握手会やチェキ会などの”接触イベント”が増え、さらにTwitterなどSNSを通しファンと距離感が近くなったことが生んだ悲劇と報じた。

だが冨田さんがシンガーソングライターであるとの指摘があったことで、アイドルファンや現役アイドルからは「偏向報道」「情報操作」ではないかと反発の声も目立つようになってきた。

またAさんは、アイドルとシンガーソングライターの間に優劣があるわけではないが「どこも『アイドルが』とか『アイドルとの対比』を全面に出していて、本来の真由ちゃんの仕事が薄れてしまってるように思う」と述べ、メディアが冨田さんの活動が正確に伝えられていないこと自体を問題視した。

1/2ページ

最終更新:5月24日(火)23時27分

BuzzFeed Japan