ここから本文です

4月の世界粗鋼生産、14カ月連続減

鉄鋼新聞 5月24日(火)6時1分配信

 世界鉄鋼協会のまとめによると、4月の世界の粗鋼生産量(66カ国)は前年同月比0・5%減の1億3491万トンとなり、14カ月連続で前年同月実績を下回った。中国が2カ月連続で増加したものの、欧州など他の主要生産国・地域が伸び悩んだため、前年実績に届かなかった。

 1~4月の累計生産量は5億2127万トンで、前年の同じ時期に比べ2・8%減。
 中国は前年同月比0・5%増の6942万トン。1日当たり生産量は231万トンで、月間生産量としては過去2番目の高水準だった3月(同229万トン)を上回った。
 主要生産国・地域では、米国が前年同月比2・5%増と堅調だったものの、欧州(EU28カ国、同5・2%減)、韓国(同1・3%減)、ロシア(同0・4%減)は伸び悩んだ。景気低迷が深刻なブラジルは同20・6%減と大幅に落ち込んだ。

最終更新:5月24日(火)6時1分

鉄鋼新聞