ここから本文です

ムグルッサ、ハレプ、クズネツォワらが2回戦へ [全仏テニス]

THE TENNIS DAILY 5月24日(火)2時14分配信

「全仏オープン」(フランス・パリ/本戦5月22日~6月5日/クレーコート)の女子シングルス1回戦で、第4シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)がアンナ カロリーナ・シュミドローバ(スロバキア)を3-6 6-3 6-3で下して初戦を突破した。

大坂なおみが第32シードのオスタペンコを倒して全仏白星デビュー [全仏オープン]

 ムグルッサは2回戦で、ワイルドカード(主催者推薦枠)のミルティーユ・ジョルジュ(フランス)と対戦する。ジョルジュは1回戦で、クリスティーナ・マクヘイル(アメリカ)を6-7(7) 6-0 6-3で下しての勝ち上がり。

 そのほかのシード勢では、第6シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)、第13シードのスベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)、第19シードのスローン・スティーブンス(アメリカ)、第30シードのバーボラ・ストリコバ(チェコ)が勝ち上がったが、第16シードのサラ・エラーニ(イタリア)、第17シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)、第32シードのエレナ・オスタペンコ(ラトビア)は敗れた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝ち上がり

     ◇   ◇   ◇

【女子シングルス1回戦 主な試合結果】

○67アニカ・ベック(ドイツ)6-1 6-2 ●68マリナ・ザネフスカ(ウクライナ)[Q]

○74シェルビー・ロジャーズ(アメリカ)3-6 6-4 6-3 ●73カロリーナ・プリスコバ(チェコ)[17]

○75エレナ・ベスニナ(ロシア)6-2 6-3 ●76マディソン・ブレングル(アメリカ)

○81スベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)[13] 4-6 6-1 6-4 ●82ヤロスラーワ・シュウェドワ(カザフスタン)

○84ヘザー・ワトソン(イギリス)5-7 6-2 6-2 ●83ニコール・ギブズ(アメリカ)

○85カグラ・ブユカケイ(トルコ)[Q] 5-7 7-6(2) 6-2 ●86アリャクサンドラ・サスノビッチ(ベラルーシ)

○91ヤニナ・ウイックマイヤー(ベルギー)6-1 6-3 ●92アレクサンドラ・ダルゲルー(ルーマニア)

○93ミルティーユ・ジョルジュ(フランス)[WC] 6-7(7) 6-0 6-3 ●94クリスティーナ・マクヘイル(アメリカ)

○96ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)[4] 3-6 6-3 6-3 ●95アンナ カロリーナ・シュミドローバ(スロバキア)

○97シモナ・ハレプ(ルーマニア)[6] 6-2 6-0 ●98日比野菜緒(日本/フリー)

○101ミルヤナ・ルチッチ バローニ(クロアチア)6-1 6-2 ●102ダニエラ・ハンチュコバ(スロバキア)[Q]

○103大坂なおみ(日本)6-4 7-5 ●104エレナ・オスタペンコ(ラトビア)[32]

○114ツベタナ・ピロンコバ(ブルガリア)6-3 6-2 ●113サラ・エラーニ(イタリア)[16]

○117ベロニカ・セペデ ロイグ(パラグアイ)[Q] 6-2 6-2 ●118サビーネ・リシツキ(ドイツ)

○120スローン・スティーブンス(アメリカ)[19] 6-4 6-3 ●119マルガリータ・ガスパリアン(ロシア)

○121バーボラ・ストリコバ(チェコ)[30] 6-4 7-5 ●122ルーシー・ラデッカ(チェコ)[Q]

○123ポロナ・ヘルツォグ(スロベニア)6-4 7-6(4) ●124ルルデス・ドミンゲス リノ(スペイン)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:PARIS, FRANCE - MAY 23: Garbine Muguruza of Spain hits a backhand during the Ladies Singles first round match against Anna Karolina Schmiedlova of Slovakia on day two of the 2016 French Open at Roland Garros on May 23, 2016 in Paris, France. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

最終更新:5月24日(火)2時14分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。