ここから本文です

ビッグクラブが守備的な戦いをするのは許せない? ヴェンゲル「魅力的なスタイルで戦うのは指揮官の義務」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月24日(火)7時50分配信

魅力あふれるスタイルでリーグ制覇を

アーセナルで長く指揮を執るアーセン・ヴェンゲルは、どんな試合でも攻撃的なスタイルを貫いてきた。そのスタイルはイングランド国内のみならず世界の多くのサッカーファンを虜にしており、タイトルを獲得できずともアーセナルのサッカーは人々を惹きつけている。

今季もリーグタイトルを獲得できなかったことに対して批判の声も出ているが、ヴェンゲルはエンターテイメント性のあるスタイルで戦ったうえでタイトルを獲得しなければ意味はないと考えている。英『Daily Mirror』によると、ヴェンゲルは常にサポーターが楽しめるスタイルでの戦いを望んでおり、ビッグクラブには魅力的なフットボールを展開する義務があるとコメントした。

「サポーターは試合当日の朝目覚めた時、よし!今日は自分のチームの試合だ。素晴らしいと最初に思うべきだ。私はクラブが魅力的なスタイルで戦いたいという欲望を抱いていると信じている。もしビッグクラブにそうした野望がないのなら、何かが欠けているよ。これまでもビッグクラブや強豪国は常にそうした野望を抱いてきた。バルセロナ、レアル・マドリード、アーセナルもそうだと思う。リヴァプールやマンチェスター・ユナイテッドもそうだ。魅力的なスタイルで戦おうとするのは、指揮官としての義務だと私は思っているよ」

ヴェンゲルは常にスタイルを変えずに戦ってきたため、大切な試合で勝ち点を失うことも珍しくなかった。現代サッカーでは堅守を武器に手堅く戦うクラブも多いが、ヴェンゲルはそうした戦い方に納得できない部分もあるのだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月24日(火)7時50分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。