ここから本文です

14歳で!?元EVの仕掛け人が原付免許で乗れる小型EVを目指す「リモノ」って何だ?

オートックワン 5月24日(火)14時21分配信

「あら、なんの騒ぎかしら?」

表参道界隈の、青山セレブたちがビックリ仰天。平日の真っ昼間、住宅街の一角にカメラマンやビデオカメラがズラリと並んだ。

14歳から原付免許で運転できる欧州の車両規定「L6e」日本版を目指す「リモノ」

登場したのは、全長2.2m×全幅1.0mのオモチャのような“ちっちゃいクルマ”。オモチャっぽいのは、ボディサイズだけじゃない。なんだか、ボディがフワフワしているように見える。なんと、ボディ表皮が布製なのだ。

これは、帝人フロンティア社がレストランやカフェの日よけ・雨よけとして使う素材を流用したもの。ゴワゴワした手触り感を想像するが、実際に触ってみると意外とスベスベしている。

さらに、布製ボディを押してみると、ソファーのような感触だ。布の裏には、三井化学製のウレタンフォームが入っている。

ドアを開けてみると、車内は前後二人乗り。当然だが、内装もボディ外装を同じくウレタンフォームと布の組み合わせ。

こうしたクルマ全体の雰囲気が「とってもやさしい」。

それにしても、こんなオモチャのようなクルマ、本気で売ろうというのだろうか?

この奇妙なクルマを造ったのは、ベンチャー企業の「rimOnO(リモノ)」社。語源は、「乗り物」から「最初の“の”」をとって、「リモノ」とした。

創業したのは、伊藤慎介さん。伊藤さんは、京都大学大学院工学部を卒業し、経済産業省に入省したキャリア官僚だった。在任中は、EVの普及促進となった「EV、PHEVタウン構想」や、スマートシティ関連の政策立案を担当。つまり、彼は「EVの仕掛け人」という立場で、EVのプロだったのだ。

その伊藤さんが、「既存の自動車メーカーと国による連携だけでは、EVを使ったより良い社会作りはできない」と判断。「だったら、自分でやってやろう」と、霞が関から飛び出し小型EVのベンチャーを立ち上げてしまったのだ。

クルマ作りの面では、共同経営者として元トヨタのカーデザイナーの根津孝太氏を迎えた。同氏は、パーソナルモビリティ「i-Unit」や、子どもでも乗れるEV「カマッテ」を手がけたことで知られる。

1/2ページ

最終更新:5月24日(火)14時21分

オートックワン