ここから本文です

阪神の新「ジェットカー」が最優秀車両に ブルーリボン賞、ローレル賞

乗りものニュース 5月24日(火)16時41分配信

阪神電鉄では初の「ブルーリボン賞」

「鉄道友の会」は2016年5月24日(火)、阪神電鉄の5700系電車を2016年の「ブルーリボン賞」に、JR東日本のHB-E210系ディーゼルカーと四日市あすなろう鉄道の新260系電車を「ローレル賞」(優秀車両)にそれぞれ選定したと発表しました。

「ブルーリボン賞」「ローレル賞」は、「鉄道友の会」が毎年1回、前年に日本国内で営業運転を始めた鉄道車両のなかから選定するもので、同会会員の投票結果をもとに、選考委員会が利便性や快適性、環境対応、新技術の有効活用といった観点から車両を評価。「最優秀」と認められた車両には「ブルーリボン賞」が、「優秀」と認められた車両には「ローレル賞」が贈られます。

「ブルーリボン賞」が贈られた阪神電鉄の5700系電車は、主に普通列車として使用されている車両で「ジェット・シルバー5700」という愛称が付けられています。同社の普通列車用の車両は、特急や急行列車に追い付かれにくいように、すべての車両にモーターを付けるなどして加速と減速がはやくできるように造られており、「ジェットカー」とも呼ばれています。

 5700系はこの「ジェットカー」の特徴を踏襲しつつ最新技術を導入。「人へのやさしさ」と「地球へのやさしさ」の追求をコンセプトに、普通列車用の車両に特化した性能としていることが選定の理由とされました。

 ちなみに、阪神電鉄の車両が「ブルーリボン賞」を受賞するのは、今回が初めてです。

「ローレル賞」のひとつは「今後の地方都市近郊の輸送に貢献」する車両

「ローレル賞」を受賞したのはJR東日本のHB-E210系ディーゼルカーと、四日市あすなろう鉄道の新260系電車です。

 HB-E210系ディーゼルカーは、ディーゼルハイブリッドシステムを搭載。ディーゼルエンジン発電機とリチウムイオン蓄電池、主変換装置(インバータ、コンバータ)、主電動機(モーター)で構成されており、走行時はエンジン発電機と蓄電池の電力でモーターを回して動力を得ます。

 受賞理由は「今後の地方都市近郊の鉄道輸送に大きく貢献する優れた車両」であること。現在は、東北本線と仙石線を直通する「東北仙石ライン」(仙台~石巻)で使用されています。

 三重県四日市市内を走る、四日市あすなろう鉄道の新260系電車は3両編成で、軌間(レールの間隔)がJRの在来線(1067mm)よりもさらに狭い762mmの線路を走ることから、車内の幅も1920mmと狭いのが特徴です。中間車は新造、両端の先頭車両は既存車両がリニューアルされました。

 通常よりも狭いという条件のもと、冷房化や座席の改良、車いすスペースの設置などを実施。「762mm軌間の鉄道車両という厳しい条件を克服して、当節の車両として必要にして十分な内容を具(そな)えていること」から「ローレル賞」が贈られました。

乗りものニュース編集部

最終更新:5月25日(水)10時55分

乗りものニュース