ここから本文です

香川の親友ギュンドアン、マンCへの移籍が合意に至ったと独メディア報じる

theWORLD(ザ・ワールド) 5月24日(火)8時1分配信

交渉にケガの影響はなし

日本代表MF香川真司と仲が良いことで知られるドルトムントMFイルカイ・ギュンドアンには、以前から多くのクラブが興味を示しており、特にマンチェスター・シティが強く関心を寄せていた。

そんな中、独誌『kicker』が22日にギュンドアンの移籍がドルトムントとシティの間で合意に至ったと報じた。同誌によると、移籍金は2500万ユーロで来季の出来次第でボーナスが加算されるようだ。現在、ギュンドアンは膝をケガしており、復帰時期は10月中旬と見られている。その影響もあり、クラブ間での交渉が難航するかと思われたが、シティの新指揮官ジョゼップ・グアルディオラが彼の獲得を熱望していたため、意外にもすんなり合意に達したようだ。

まだ公式発表されたわけではないが、ドルトムントは主将のマッツ・フンメルスに続き2人目の主力選手の放出となりそうだ。はたしてギュンドアンの後釜は誰になるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月24日(火)8時1分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合