ここから本文です

北陸道 上市にスマートIC設置へ/富山

チューリップテレビ 5月24日(火)21時5分配信

 北陸道の立山インターチェンジと滑川インターチェンジのほぼ中間地点に、仮称『上市スマートインターチェンジ』が設置される予定であることが分かりました。
 国道8号線からおよそ2キロの場所で、アクセスの向上が期待されます。
 これは、24日開かれた仮称・上市スマートインターチェンジ地区協議会の初会合で明らかにされたものです。
 スマートインターチェンジの設置が予定されているのは、上市町の中江上(なかえがみ)から東江上(ひがしえがみ)にかけた地点で、立山インターチェンジからおよそ4.2キロ、滑川インターチェンジからおよそ3.9キロと、ほぼ中間地点に当たります。
 また、県道・上市水橋線に接続して、およそ2キロで国道8号線にアクセスできます。
 県内では5つ目のスマートインターチェンジで、高速道路へ連結する本線直結型です。
 一日の計画交通量はおよそ1500台で、上市町では国道8号線の混雑緩和や産業の活性化、消防・防災活動の迅速化に期待を寄せています。
 協議会では今後、国土交通省に実施計画書などを提出するとしています。

チューリップテレビ

最終更新:5月24日(火)21時5分

チューリップテレビ