ここから本文です

黒人青年の死亡事件、警官に無罪判決 米ボルティモア

AFPBB News 5月24日(火)14時54分配信

(c)AFPBB News

【5月24日 AFP】米メリーランド州(Maryland)ボルティモア(Baltimore)で昨年、警察に拘束された黒人青年が移送中に負傷してその後死亡した事件で、同市の裁判所は23日、暴行罪などに問われた警官に全面無罪の判決を言い渡した。この事件では現地で暴動が起きたほか、米警察の暴力行為をめぐって議論も巻き起こした。

 事件では昨年4月12日、当時25歳だったフレディ・グレイ(Freddie Gray)さんが警官を見て逃走した後に拘束された際、警察車両の後部座席で手足を拘束された状態で移送中に脊椎(せきつい)を骨折。1週間後に死亡した。

 白人男性3人を含む警官6人が起訴されたが、全員偶発的な出来事だったと主張していた。裁判所の判事は今回、第2級暴行罪や過失致死、職権乱用などの罪に問われた白人警官エドワード・ネロ(Edward Nero)被告に無罪判決を言い渡した。

 この事件で裁判があった被告はネロ被告が2人目。昨年12月に開かれた1人目の裁判では陪審の意見が一致せず、評決が下せなかったため、審理無効となっている。

 映像は、裁判所に出廷したネロ被告(c)AFPBB News

最終更新:5月25日(水)17時9分

AFPBB News