ここから本文です

アデル、140億円の巨額レコード契約か

MusicVoice 5月24日(火)18時31分配信

 英歌手のアデルが9000万ポンド(約144億円)相当のレコード契約を交わす方向だという。

 アデルは世界中に向けてのリリースを担当することになるソニーからこの巨額を提示されていると言われており、関係者は次の通りに状況を説明しているとも伝えられている。

 「この世代最高のスターミュージシャンを獲得しました。これは大きなことです。アデルのXLレコーディングスとの契約が満期になりましたし、アメリカではすでに提携していましたからね。9000万ポンド相当の契約になりますし、ソニーが世界中で独占販売をする権利を得られることになります」

 この巨額契約の背景にはアデルのマネージャーであるジョナサン・ディケンズの尽力があるようで、前述の関係者はザ・サン紙に「ジョナサンがここ2年間くらいに渡って話をまとめてきました。彼はアデルの市場での価値を十分に分かっていますので、9000万ポンドというスタンスを崩さなかったんです」と続けた。

 現在でも8500万ポンド(約136億円)の推定資産を持つとされるアデルは最近も高い評価が続いており、19日に開かれた第61回アイヴァー・ノヴェロ賞でアルバム『25』でソングライター・オブ・ザ・イヤーに輝いていたほか、22日におこなわれたビルボード・ミュージック・アワードでもトップ・ビルボード200アルバム賞を含めた4部門に輝いていた。

最終更新:5月24日(火)18時31分

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。