ここから本文です

メッシの最年少ゴール記録を塗り替えた天才がかつての指揮官を罵倒「コーヒーすら一緒に飲みたくない」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月24日(火)8時30分配信

来季、天敵との対戦へ

バルセロナのカンテラ出身で、17歳という若さでトップチームデビューを果たしたスペイン人FWボージャン・クルキッチは、当時リオネル・メッシが持っていた同クラブの最年少ゴール記録を更新し、今後活躍が期待される選手の一人であった。だが、監督が代わるにつれ出場機会が減少。彼はローマやミランなどを経て2014年からはプレミアリーグのストーク・シティに所属しており、今季のリーグ戦では27試合に出場して7ゴールを挙げている。

そんなボージャンがスペイン『Catalunya Radio』で次のように語った。

「僕は17歳でバルセロナデビューを果たしたんだ。当時は楽しかったから意識はしていなかったけど、簡単ではないことだよね。まわりが僕に多くのことを求めてきたから僕は強くなれたよ」

「ライカールトは僕を信頼してくれて、プロサッカー選手として多くのチャンスを与えてくれたんだ。彼とは非常に友好的だったよ。それに対して、もしグアルディオラとL・エンリケに食事を誘われたら夕食はおろか、コーヒーすら一緒に飲みたくないね」

このようにボージャンは現在、グアルディオラとL・エンリケとは顔も合わせたくないことを明かした。そんな天敵でもあるグアルディオラがマンチェスター・シティを率いることとなり、来季プレミアリーグにやってくる。ボージャンにとってシティ戦は、いつも以上に力が入る試合となりそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月24日(火)8時30分

theWORLD(ザ・ワールド)