ここから本文です

日本男子チームが初戦への意気込みを語る [車いすテニス世界国別選手権]

THE TENNIS DAILY 5月24日(火)9時30分配信

「BNPパリバ ワールドチームカップ 車いすテニス世界国別選手権」(東京都・有明コロシアム・有明テニスの森公園コート/5月23~28日/ハードコート)の大会初日。

ワールドチームカップ開幕直前! 『国枝慎吾×上地結衣』スペシャル対談

 試合のなかった日本男子チームは会見を開き、丸山弘道コーチ、国枝慎吾、眞田卓、三木拓也、斎田悟司の代表メンバーが今大会への意気込みを語った。

以下は会見でのコメント。

斎田悟司
「有明での開催をうれしく思います。ベストメンバーが揃ったので、優勝カップを獲って、喜びの報告ができるようにチーム一丸となってやっていきたい」

国枝慎吾
「2006年のウインブルドン優勝したときに、たくさんの観客の前でプレーできたのがうれしかった。日本でもそういった環境でできればと思っていたけれど、ようやくその機会がきたと思う。週末は、たくさんの観客の前でプレーしたい。前週のジャパンオープはキャンセルしたけれど、1日6時間ほどプレーしてきているので問題ない。試合をこなしながら調整していきたいが、同じグループがスウェーデンとベルギーと強豪なので、最初から全開で向かっていくという感覚になると思う」

眞田卓
「2010年から日本代表としてプレーさせてもらっているが、まだ1度も優勝の経験がないので、ぜひ優勝したい。自分の与えられたことをしっかりとやっていきたい」

三木拓也
「今回で3度目の代表(2013年から代表入り)。有明でプレーできることがうれしい。あとは、自分たちのプレーを見てもらって、2020年の東京パラリンピックに向けて障害者スポーツに興味を持ってもらえればと思う」

丸山弘道
「男子チームは2003年、2007年と優勝してきたが、今回は9年ぶりにベストメンバーが揃っている。表彰台の一番高いところに立ちたい。多くの人に触れてもらい、日本の車いすテニスの底力を見てもらえたらと思う」

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:5月24日(火)9時30分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]