ここから本文です

まさかのゲッツェ残留へ! 「来季もバイエルンでプレイするのが楽しみ」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月24日(火)16時30分配信

アンチェロッティのもとで完全復活を目指す

MFマリオ・ゲッツェが来季もバイエルンでプレイすることが濃厚になったようだ。

ジョゼップ・グアルディオラがバイエルンで指揮を執った3年間、最後まで中心選手になれなかったゲッツェ。また、来季から指揮を執るカルロ・アンチェロッティも同選手に対して、移籍を勧めたという報道もあったことから、移籍は既定路線とみられていた。しかし、ゲッツェ自身がその見方を覆している。

同選手は独『Bild』で「来季もバイエルンでプレイするのが楽しみだよ。アンチェロッティの最初のトレーニングに万全な状態で行きたいね」とバイエルン残留を誓った。

ゲッツェにはリヴァプール、ドルトムント、ユヴェントスなどが興味を示しており、いずれかに移籍するだろうと考えられていたが、来季もミュンヘンで戦うことになりそうだ。アンチェロッティのもとで完全復活を遂げられるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月24日(火)16時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。