ここから本文です

UCLでの復活を誓う セルティック監督就任のロジャース「ヨーロッパの舞台でインパクトを残す」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月24日(火)18時10分配信

「ステップダウンではない」

リヴァプールの監督を退団して7ヶ月、ブレンダン・ロジャース監督がセルティックの指揮官に決まった。

ロジャース監督は就任会見で「イングランドのプレミアリーグからここへ来たことはステップダウンではない。セルティックは世界最大のサッカーの一つ」と語っている。英『sky SPORTS』が伝えた。

そして「私には明確な目標がある。スコットランドチャンピオンとしての立場を継続していくこと、そしてさらにヨーロッパサッカーの舞台でもインパクトを残すこと。セルティックはイギリスのクラブとして初めてヨーロッパのチャンピオンカップを獲得した伝統あるクラブだ。チャンピオンズリーグでその強さを復活させたい」と意気込む。

セルティックは2011-12シーズン以降、スコティッシュプレミアシップで5連覇を達成している。だが国内では圧倒的な強さを誇りながらも、UEFAチャンピオンズリーグでは2015-16シーズン、プレイオフで敗れて本大会出場を逃し、ヨーロッパリーグへ回ってもグループステージで敗退していた。

ヨーロッパの舞台では結果を残せていないセルティックだが、ロジャース監督の就任でインパクトを残せるチームに生まれ変われるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月24日(火)18時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。