ここから本文です

マレーがステパネクに2セットダウンからの逆転勝利 [全仏テニス]

THE TENNIS DAILY 5月24日(火)22時22分配信

「全仏オープン」(フランス・パリ/本戦5月22日~6月5日/クレーコート)の男子シングルス1回戦で、第2シードのアンディ・マレー(イギリス)がラデク・ステパネク(チェコ)を3-6 3-6 6-0 6-3 7-5で振りきり、2回戦に駒を進めた。試合時間は3時間41分。

2セットダウンのマレー、日没順延試合で続きは24日 [全仏オープン]

 この試合は前日に行われていたが、第4セットをマレーが4-2とした時点で日没順延となっていた。37歳のステパネクは予選決勝で西岡良仁(ヨネックス)を6-3 6-2で破って本戦入りを決めていた。

 そのほかの試合では、第4シードのラファエル・ナダル(スペイン)、第7シードのトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)、第14シードのドミニク・ティーム(オーストリア)、第20シードのバーナード・トミック(オーストラリア)、第29シードのルカ・プイユ(フランス)、ボルナ・チョリッチ(クロアチア)らが初戦を勝ち上がっている。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝ち上がり

     ◇   ◇   ◇

【男子シングルス1回戦 主な試合結果】

○4スティーブ・ダルシー(ベルギー)[Q] 6-3 6-4 6-0 ●3マルセル・イルハン(トルコ)[Q]

○6アルヤズ・ベデネ(イギリス)4-6 6-3 6-4 6-4 ●5ジェラルド・メルツァー(オーストリア)[Q]

○9バーナード・トミック(オーストラリア)[20] 6-3 6-4 6-4 ●10ブライアン・ベイカー(アメリカ)

○11ボルナ・チョリッチ(クロアチア)6-3 6-1 6-3 ●12テイラー・フリッツ(アメリカ)

○21ビクトル・エストレーリャ ブルゴス(ドミニカ共和国)7-5 6-4 6-3 ●22イリヤ・マーチェンコ(ウクライナ)

○28カンタン・アリス(フランス)[WC] 6-1 6-4 6-4 ●27チョン・ヒョン(韓国)

○29マレク・ジャジリ(チュニジア)6-4 3-6 6-1 6-2 ●30フロリアン・マイヤー(ドイツ)

○32トマーシュ・ベルディヒ(チェコ)[7] 6-3 6-2 6-1 ●31バセック・ポスピショル(カナダ)

○33ラファエル・ナダル(スペイン)[4] 6-1 6-1 6-1 ●34サム・グロス(オーストラリア)

○48ドミニク・ティーム(オーストリア)[13] 3-6 6-2 7-5 6-1 ●47イニーゴ・セルバンテス(スペイン)

○72ルカ・プイユ(フランス)[29] 6-3 4-6 6-4 7-6(4) ●71ジュリアン・ベネトー(フランス)[WC]

○113ジョン・イズナー(アメリカ)[15] 6-7(4) 7-6(12) 7-6(7) 7-5 ●114ジョン・ミルマン(オーストラリア)

○128アンディ・マレー(イギリス)[2] 3-6 3-6 6-0 6-3 7-5 ●127ラデク・ステパネク(チェコ)[Q]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:PARIS, FRANCE - MAY 24: Andy Murray of Great Britain talks with Radek Stepanek of the Czech Republic following the Men's Singles first round match on day three of the 2016 French Open at Roland Garros on May 24, 2016 in Paris, France. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:5月26日(木)17時11分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。