ここから本文です

ホークス22点、広島ジョンソン連続完封、DeNAロペス3戦連続猛打賞…24日プロ野球

Full-Count 5月24日(火)23時52分配信

阪神3位浮上、西武・佐藤プロ初勝利、楽天7連敗、ハム有原初黒星

 プロ野球は24日、各地で6試合が行われた。

 セ・リーグでは阪神がヤクルトに終盤追い上げられたものの7-5で逃げ切り、3位浮上。原口が3号ソロを含む3安打1打点と活躍。能見が6回1安打1失点で3勝目を挙げた。ヤクルトは八木が3回6安打4失点で今季初黒星。チームは3連敗となった。DeNAは中日に競り勝ち、3連勝。1点を追う7回にロペスが12号同点弾。8回に1死一、三塁から桑原の打球を一塁のビシエドが弾く間に1点を勝ち越した。ロペスは3試合連続猛打賞。中日は2度のリードを守れず連勝は2で止まった。広島は巨人との首位攻防初戦で完勝し、首位をキープ。ジョンソンが2戦連続完封。エルドレッドが2発を含む4安打3打点と活躍した。巨人は内海が5回7安打4失点で2敗目を喫した。

2016年 NPB順位表

 パ・リーグではロッテが一発攻勢で日本ハムを破り、3連勝。デスパイネが10号2ラン、ナバーロが2号ソロを放った。日本ハムは開幕5連勝中だった有原が今季初黒星。大谷が8回に適時打を放ち、10試合連続安打としている。楽天と対戦した西武は4年目左腕・佐藤が5回3安打無失点でプロ初勝利。浅村が8号ソロを含む2安打2打点をマークした。楽天は則本が7回6安打3失点(自責2)で3敗目。チームは7連敗となった。ソフトバンクは初回に柳田の6号2ランで先制すると打線が爆発。17安打で22得点。長谷川が両チーム最多の5打点を挙げた。バンデンハークが6回5失点で6勝目。オリックスはディクソンが3回途中5安打7失点と炎上。6投手で計14四球を与え、3連敗を喫した。


【セ・リーグ】
◇ヤクルト 5-7 阪神(神宮)
勝 能見(3勝3敗)
敗 八木(0勝1敗)
S マテオ(11セーブ)
HR【阪】原口3号

◇中日 5-6 DeNA(浜松)
勝 須田(2勝2敗)
敗 又吉(2勝4敗)
S 山崎康(11セーブ)
HR【De】ロペス12号

◇広島 6-0 巨人(マツダスタジアム)
勝 ジョンソン(6勝3敗)
敗 内海(0勝2敗)
HR【広】エルドレッド13、14号、丸9号

【パ・リーグ】
◇日本ハム 1-3 ロッテ(札幌ドーム)
勝 石川(4勝2敗)
敗 有原(5勝1敗)
S 西野(12セーブ)
HR【ロ】デスパイネ10号、ナバーロ2号

◇西武 4-1 楽天(西武プリンス)
勝 佐藤(1勝2敗)
敗 則本(4勝3敗)
S 増田(8セーブ)
HR【西】栗山3号、浅村8号

◇ソフトバンク 22-6 オリックス(ヤフオクドーム)
勝 バンデンハーク(6勝1敗)
敗 ディクソン(4勝4敗)
HR【オ】ブランコ2、3号、【ソ】柳田6号、吉村3号

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月24日(火)23時52分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。