ここから本文です

正式にバイエルン加入が決定したフンメルス「ワクワクしている」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月24日(火)18時30分配信

“故郷”へ帰還

マッツ・フンメルスがバイエルンと正式に5年契約を結んだことが明らかになった。クラブの公式サイトが伝えている。

すでに数週間前、ドルトムントからバイエルンへの移籍が内定していたが、今回正式にサインをしたようだ。バイエルン移籍に際して、フンメルスが以下のようにコメントした。

「僕にとってドルトムントを退団することは難しかった。違う方向に進むことになった2008年と似ていたような気がするよ。でも今はこれからバイエルンで待っているすべてのことが楽しみだ。ワクワクしている」

また、クラブのCEOを務めるカール・ハインツ・ルンメニゲ氏も「マッツがバイエルンに戻ってきてくれて我々は喜んでいる。我々はワールドクラスのセンターバックを獲得しただけではない。彼は選手として責任を負うこともできるし、我々のユース出身なんだ」と喜んでいる。

様々な思惑が渦巻いた今回の移籍だが、少なくとも本人は“故郷”に戻ってこられて幸せなようだ。新天地での活躍に期待したい。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月24日(火)18時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。