ここから本文です

ナダルが快調なスタート [全仏テニス]

THE TENNIS DAILY 5月24日(火)23時50分配信

 フランス・パリで開催されている全仏オープン(5月22日~6月5日)の3日目。

 男子シングルス1回戦に登場したラファエル・ナダル(スペイン)は、ふたたび、彼がもっとも得意とすることをやり始めた。ロラン・ギャロスのレッドクレーの上で対戦相手を叩きのめす、ということを。

ナダルがモンフィスを下して大会9度目の優勝 [モンテカルロ・ロレックス・マスターズ]

 9度にわたって全仏を制したナダルは、今大会は第4シード。サム・グロス(オーストラリア)を相手に6-1 6-1 6-1で圧勝し、全仏での勝利数を71勝(敗戦はわずか2回)と増やした。

 世界100位のグロスは2度目の全仏出場で、まだ2回戦進出ができていない。15度目のグランドスラム・タイトルを狙うナダルを破るには、彼にはショットの多彩さとパワーが足りなかった。

「ひどい、ほんとにひどいな」
 ナダルが第1セットを快調に進める中、バックハンドをネットに引っかけたグロスは、自分自身に向かってこうつぶやいた。

 ナダルは昨年、準々決勝でノバク・ジョコビッチ(セルビア)に敗れ、ロラン・ギャロスでの連勝記録「39」に終止符を打っている。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: PARIS, FRANCE - MAY 24: Rafael Nadal of Spain reacts during the Men's Singles first round match against Sam Groth of Australia on day three of the 2016 French Open at Roland Garros on May 24, 2016 in Paris, France. (Photo by Dennis Grombkowski/Getty Images)

最終更新:5月24日(火)23時50分

THE TENNIS DAILY