ここから本文です

アンリ氏が指摘するドイツ代表の弱点 「彼らは世界チャンピオンだ。だが……」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月24日(火)21時40分配信

ストライカーに不安を抱えるドイツ

EURO2016が6月10日に開幕する。グループCに所属するドイツ代表は、12日にリールで行われるウクライナ代表戦を皮切りに、16日にポーランド代表と21日に北アイルランド代表と対戦する予定となっている。

元フランス代表で現在は解説者として活躍するティエリ・アンリ氏は、ドイツ代表について「多くの人がドイツが勝つことを望んでいる。彼らは世界チャンピオンだ。ほぼ間違いなく準決勝や決勝に進むだろう」語った。英『sky SPORTS』が伝えている。

2014ワールドカップを制したドイツだが、アンリ氏はチームの問題点を指摘する。「もし足りないことがあるとすれば、決定力のあるストライカーだ。彼らはEURO予選では、多くの試合で高いポゼッションを誇り、クロスを送り込みながらも、ゴールを決めきることができていなかった。それはドイツ代表が、マリオ・ゴメスを呼び戻さなければならなかったことが物語っている」

ドイツ代表はEURO2016予選ではFWとして、バイエルン・ミュンヘンのマリオ・ゲッツェやヴォルフスブルクのマックス・クルーゼを招集してきた。だが、昨年11月から本大会に向けた国際親善試合からベシクタシュ(トルコ)でプレイする30歳のマリオ・ゴメスを復帰させている。アンリ氏は「決定力のあるストライカーが欠けている」と指摘するが、ベシクタシュで今季27ゴールを記録したマリオ・ゴメスの加入で、問題は解決するのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月24日(火)21時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]