ここから本文です

大阪が誇る「箕面ビール」が感謝祭開催

Lmaga.jp 5月24日(火)12時0分配信

大阪を代表するクラフトビール「箕面ビール」(本社:大阪府箕面市)が『第19回箕面ビール感謝祭』を開催。6月11日・12日の2日間にわたって、「箕面ビール工場」前の「ナギノ木公園」で行われる。

昼飲みに最適、箕面ビール初の直営パブ

全国に先駆けて地ビール製造を開始、今年で設立20年を迎える「箕面ビール」。今年もクリーミーな喉ごしとドライな後味の「スタウト」が、『2016年ワールドビアカップ』で金賞を受賞。また、そのほかのビールも8年連続で世界のコンクールで入賞(内、7回金賞受賞)するなど、世界中から高い評価を受けている。

10年目以降、地元の自治体と共催されているこの感謝祭も、今回で19回目。「箕面」を代表する定番イベントとなった。「箕面ビールはもちろん、フードもこだわりの飲食店さんに出店いただいています。大阪・堺生まれの手ぬぐい専門店にじゆらの注染そめ体験をはじめ、ワークショップも多数出店しています。この2日間にぜひ箕面へお越しください」とは、代表取締役の大下香緒里さん。

当日は、地元スタッフとともに箕面ビールも総出で祭典を盛り上げる。気持ちのいい屋外でたくさんの人と地ビールを楽しめる絶好の機会。家族揃って参加してみて。

取材・文/岡田由佳子

最終更新:5月24日(火)14時30分

Lmaga.jp