ここから本文です

濱田岳「ムロツヨシは稀代の変化球投手」

Lmaga.jp 5月24日(火)20時30分配信

『行け!稲中卓球部』や『ヒミズ』で知られる漫画家・古谷実の問題作を実写映画化した『ヒメアノ~ル』の先行上映会が大阪市内で24日に行われ、森田剛、濱田岳、吉田恵輔監督が登壇。舞台挨拶を行った。

大阪でゲリライベントを行った戸田恵梨香と濱田岳

司会者から大阪の印象を聞かれると、「最近は撮影でもよく来ていて。新世界のじゃんじゃん横丁の立ち飲み屋に行ったんですけど、芸能人が来ましたって写真が結構貼ってあって。みんな、だいたい取材で来てるんですけど、僕だけガチで飲んでる写真を載せられて。ちょっと恥ずかしいんですよね」と語った濱田。

映画では友人のムロツヨシとの共演シーンが多かった濱田だったが、「あいつのいないところであいつの話をするのが・・・たぶんすごい喜ぶと思うんで、それがちょっと解せない(笑)。ホント、稀代の変化球投手なので、どんな球を投げてくるか分からない。そこは友人で良かった」とコメント。

それを聞いて森田が、「みんな、ムロさんのこと無視してて。ひとり、ソワソワしてました(笑)」と明かすと、吉田監督も「ムードメーカーなんですけどね。ちょっとエサを与えると調子こいて、ものすごい距離感で現場を追っかけまわすんで、みんなちょっとだけ距離をおきながら、集中してやってましたね」と暴露。ムロにとってはさみしい現場となったようだ。

終始笑いに包まれた舞台挨拶となったが、日常と狂気が交錯する衝撃的な内容となっている本作(R15+)。映画は5月28日から「TOHOシネマズ梅田」ほかで公開される。

最終更新:5月24日(火)20時35分

Lmaga.jp