ここから本文です

『セトウツミ』SPコラボ決定!メイキング&劇中カット116点展示のパネル展開催

クランクイン! 5月24日(火)7時0分配信

 池松壮亮と菅田将暉が、シニカルな「会話」の面白さだけで読者を魅了する傑作コミックを映画化した『セトウツミ』(7月2日公開)が、新宿ミロードとのスペシャルコラボとして『劇中スチール&原作コミック パネル展』と劇場鑑賞券のプレゼントキャンペーンをを実施することが決定した。

【関連】「菅田将暉」フォトギャラリー


 本作は、「別冊少年チャンピオン」(秋田書店)にて連載中の同名コミックが原作。クールな塾通いの内海役には池松、天然な元サッカー部の瀬戸役には菅田が扮し、ヒロインの女子高生、樫村役には人気急上昇中の中条あやみと飛ぶ鳥を落とす勢いの人気・実力派若手キャストする話題作。監督は、『さよなら渓谷』、『まほろ駅前』シリーズの大森立嗣がメガホンをとる。
 
 今回、新宿ミロードとのスペシャルコラボとして発表された『劇中スチール&原作コミック パネル展』では、本作の各シーンを伝える劇中カットと、撮影の裏側を捉えたメイキング風景のスチール計116点を展示。劇中カットに絶妙なセリフの吹出しがついたユニークな特性パネルが用意されている。また、原作コミック第1巻のオープニングエピソード「マジ雲は必ず雨」の、全ページ原画パネルも合わせて公開と、貴重な資料が出揃う。さらに映画本編の中で池松と菅田演じる男子高校生、内海と瀬戸の背くらべのシーンを再現した実寸大スタンディも登場と、盛りだくさんの内容となっている。

 さらにキャンペーン期間中、新宿ミロード館内にて500円以上の買い物、または食事をした人一人につき1枚の応募用紙を進呈、抽選で25組50名に劇場鑑賞券が当たる。

 映画『セトウツミ』は7月2日より全国公開。

最終更新:5月24日(火)7時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。