ここから本文です

エマ・ワトソン主演『美女と野獣』実写版、初映像解禁

クランクイン! 5月24日(火)13時35分配信

 人気ファンタジー映画『ハリー・ポッター』シリーズのハーマオイニー役で大ブレイクした女優エマ・ワトソンが、主演を務めるディズニーアニメ『美女と野獣』の実写版『Beauty and the Beast(原題)』。昨年5月のクランクアップから約1年後にエマ扮するベルの姿が垣間見られる初ティーザー予告が解禁となった。

【関連】感動のディズニー・アニメ『美女と野獣』フォトギャラリー


 ティーザー予告編はチラ見せとなっており、一輪のバラに手を伸ばすベルの姿が一瞬だけ映っている。雪降る夜に野獣が住む屋敷の扉を開けたベル。「見てごらん。少女だ」と、ルミエール(ユアン・マクレガー)の声がして、「見れば少女だと分かる。バカだな」とゴグズワース(イアン・マッケラン)が言い返す。2人の姿は見えないが、「彼女かもしれないじゃないか」とルミエールは続ける。

 人気のない様子の屋敷に入り、「こんにちは」とどこからかベルの声が…。バラのアップが映りゆっくりとカメラが引いていくと、そのバラに気づいたベルが手を伸ばし覗き込む様子がアップになって終わるという思わせぶりだ。その後のベルと野獣にどのような交流が待っているのか、早く続きを見たくなる。

 監督は 映画『シカゴ』(03)、『ドリームガールズ』(07)のビル・コンドンが務める。今回、姿が見えたのはエマだけだったが、映画『ザ・ゲスト』(14)のダン・スティーヴンスがエマの相手役となる野獣、映画『ホビット』シリーズのルーク・エヴァンスが悪役ガストン、映画『ワンダとダイヤと優しい奴ら』(89)のケヴィン・クラインがベルの父親モーリスを演じる。2017年3月17日より全米公開予定。

最終更新:5月24日(火)13時50分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。