ここから本文です

由伸監督もガマンの限界…“ギャレット外し”に踏み切った巨人の最善策とは

ベースボールキング 5月24日(火)12時30分配信

由伸ジャイアンツの決断

 開幕から約2カ月――。43試合の出場で151打数34安打、打率にして.225。本塁打は7、打点21。出塁率.324に、長打率が.411。巨人の新助っ人、ギャレット・ジョーンズが残した数字である。

 メジャー通算122発の看板を引っさげ、鳴り物入りでやってきた左の大砲。近年特に苦しんだ“貧打解消”に向けた起爆剤として大きな期待がかかった男は、開幕から2カ月もたずに上記の数字を残して二軍に降格した。

 開幕から4番に座り、3月27日から30日にかけては3試合連続で本塁打も記録。開幕10試合時点では打率.306、4本塁打、10打点という好スタートを切ったが、その後の成績は下降の一途を辿る。

 5月20日の中日戦では初めて4番を外れ、6番で先発出場。2安打を放ち、翌21日の試合でも2打数1安打と気を吐いたが、22日の試合では6回の守備で1イニング2失策。決定的な3点を奪われ、打っても4打数無安打の3三振と精彩を欠き、ついに二軍落ちが決まった。

 今シーズンから指揮を執る高橋由伸新監督にとっては、自らが据えた初めての4番打者。周囲から不安の声が大きくなる中でも信じて助っ人を起用し続けてきたが、いよいよガマンの限界に達したという格好だ。

ギャレットの代役候補・大本命は...

 中日との3連戦に負け越した巨人は、首位から陥落した。

 とはいえ0.5ゲーム差の2位ではあるのだが、うしろを振り向けば中日が0.5ゲーム差で迫ってきており、最下位のヤクルトまでも4ゲームしかない。このままずるずると下がっていけば、一気に底まで転がり落ちる可能性だって大いにあるのだ。

 チーム打率.246(リーグ5位)、得点146(同最下位)と今年も貧打に喘ぐチームは、ここからどう立て直していくのか。カギを握るのが、ギャレットを外したことで空く「一塁」の起用法である。

 一部報道では、ギャレットと同じ左打ちの助っ人であるレスリー・アンダーソンの昇格が伝えられている。来日1年目の2014年には、87試合の出場ながら打率.316で15本塁打をマーク。その打棒は証明済みだ。

 昨年はケガにも苦しめられ、83試合の出場で打率.252、7本塁打と数字を落としたが、今春のキャンプ中に手術を行い、不安要素を排除。5月22日の二軍戦(フューチャーズ戦)で実戦復帰すると、その試合で復帰第1号となる一発を放った。

 そのフューチャーズ戦では一塁の守備にも入り、仕上がりぶりをアピール。早くもギャレットに取って代わる存在として期待されている。

1/2ページ

最終更新:5月24日(火)12時30分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)