ここから本文です

投打ともに欠かせない…改めて注目を集める大谷の“二刀流”問題

ベースボールキング 5月24日(火)6時30分配信

注目集める4年目の「二刀流」

 プロ4年目を迎えた大谷翔平の「二刀流」が、あらためてクローズアップされている。

 プロ入り前、名だたる野球評論家たちは「二刀流? 無理に決まっているだろう」「投手と打者でともに成功した人などいない」「早く、どちらかに絞った方がいい」と否定的な意見を並べていた。

 ところが、昨シーズンまでの3年間、投手としても打者としてもある程度の成績を残したことで、評論家たちの意見も変わってきた。

 「二刀流もいいじゃないか。やれるところまで、やったらいい」。

 迎えた2016年。大谷の投手としての成績は、9試合の登板で2勝4敗、防御率は3.02。自己最速の162キロを何度も連発するなど、球速の話題は報じられているが、肝心な勝ち星がなかなか伸びてこない。

 その一方で、打撃の方は絶好調。ここまで打率.348、8本塁打で18打点という好成績を残し、5試合連続の本塁打も記録。これは球団では1981年のソレイタ以来で35年ぶり4人目の快挙であり、日本人では1973年の大杉勝男以来(※大杉は6戦連発)。もちろん、投手としては史上初のことだった。

打者としても欠かせない存在に...

 もはや自ら投げて、自ら打ちたいくらいの爆発ぶり。今や「大谷の登板日にDHはいらないのでは?」という声が本気で挙がるほどだ。

 大谷が最後にスタメンに名を連ねた5月19日の日本ハムのスタメンを見てみよう。

 【5月19日・日本ハムのスタメン】
(中)陽 岱鋼 率.270 本3 点9  
(二)田中賢介 率.288 本1 点23  
(指)大谷翔平 率.348 本8 点18  
(一)中田 翔 率.266 本5 点33  
(右)近藤健介 率.270 本1 点14  
(三)レア-ド 率.264 本12 点24  
(左)西川遙輝 率.217 本3 点16  
(捕)市川友也 率.204 本0 点3  
(遊)中島卓也 率.298 本0 点10
※成績は19日終了時点のもの

 こうしてみると、打線で打率3割を超えているのはなんと大谷のみ。本塁打もレア-ドの12本に次ぐ8本を放っている。また、出場が少ない中での打点18も立派。クリーンナップとしての役割を十分に果たしていると言えよう。

 打撃の好調に投球の不調が重なり、今や「打者・大谷」を支持する声も増え始めた。昨シーズンのパ・リーグ投手三冠に輝いた男に対し、「野手賛成」の声が挙がることになろうとは一体誰が予想しただろうか。

 もちろん、「投手・大谷」を支持する声もある。かつて背番号「11」を背負い、日本ハムのエースとして活躍したダルビッシュ有(レンジャーズ)は、投手・大谷の成績に関して「まだ6月にも入っていない。判断するには早すぎる」と後輩を擁護。海の向こうからエールを送った。

 「投手」か「野手」か…。進む道を決めるのは大谷自身であり、周りがとやかく言うことではない。しかし、大谷翔平という“怪物”がプロ野球界に存在する、この時代を生きている我々だからこそ、「投手」なのか「野手」なのか好きな意見が言えるということもまた事実。

 大谷には今後も投打両方で奮闘してもらい、プロ野球ファンを悩みに悩ませるくらいの活躍を期待したい。

BASEBALL KING

最終更新:5月24日(火)6時30分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]