ここから本文です

ド軍カーショー、圧巻の9回完封で7勝目 延長2連戦のチーム救う快投劇!

ベースボールキング 5月24日(火)14時1分配信

○ ドジャース 1 - 0 レッズ ●
<現地時間5月23日 ドジャー・スタジアム>

 ドジャースのクレイトン・カーショー投手が現地時間23日(日本時間24日)、本拠地でのレッズ戦で7勝目(1敗)を挙げた。チームが苦しむ中での9回2安打完封。まさに“エース”と呼ぶに相応しい快投で、チームを5割復帰へ導いた。

 ドジャースは21日のパドレス戦から、2戦連続で延長戦を消化。前田健太が先発した22日は延長17回を戦い(○9-5)、ブルペン陣は疲弊しきっていた。

 カーショー自身は6戦連続の2ケタ奪三振中。球団記録更新が期待されたマウンドだったが、この日はチーム状態を考慮し初回から早めの勝負。初回にいきなり一死三塁のピンチを招いたが、相手の中軸を落ち着いて打ち取った。

 4回まで奪った三振は1つだったが、それでも球数は48。5回には一塁走者として果敢に二盗を決めると、捕手の送球が逸れる間に三塁へ激走。マウンド以外でもハッスルプレーを連発し、チームを鼓舞した。

 すると6回、打線が併殺打の間に1点を先制。カーショーは中盤以降、三振奪取ペースを上げたが、この試合は結局7三振。連続2ケタ奪三振の記録は途切れた。

 それでも最後まで崩れることなく、9回2安打7奪三振の好投で今季の防御率は1.48。改めて“最強左腕”の凄みを証明する102球だった。

BASEBALL KING

最終更新:5月24日(火)14時34分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。