ここから本文です

【コラム】SiM vs Crossfaith! コラボによって浮かび上がる両者の「本性」

RO69(アールオーロック) 5月24日(火)19時0分配信

SiM vs Crossfaith。この文字を見ただけで血湧き肉躍りそうなコラボレーションが実現した。SiMが現体制となる2009年以前から旧知の仲である両者が、三次元モータースポーツ「RED BULL AIR RACE CHIBA 2016」のCMテーマソングを作るために集結。明日2016年5月25日(水)にシングル『GET iT OUT』を発売する。

表題曲“GET iT OUT”は、レゲエ、パンク、メタルコア、スクリーモ、エレクトロニカ……さまざまなジャンルをクロスオーバーする2組の魅力が全部乗せ! ジェットコースターのように目まぐるしく展開する曲調に、約4分半という時間があっという間に過ぎてしまう。重厚かつキャッチー。言葉にするのは簡単だが、実際にアレンジとしてまとめ上げるのは至難の業だ。しかし彼らはそれを見事に成し遂げている。

歌詞に注目すると、《get it out, show yourself and get it out》(和訳:ハッキリ言えよ、本性を現せ)と繰り返す部分が耳に残る。「物言わぬ多数派」などという言葉がしばしば話題となる現代において、彼らのメッセージは誇り高く響く。何よりSiMはメンバーチェンジや重病、所属レーベルからの解雇といった試練にも、信念を曲げず、地道な活動を経て2015年には日本武道館まで辿り着いた。同じようにCrossfaithも逆境に屈することなく夢を追い、今や世界44ヶ国に及ぶワールドツアーを成功させている。「本性」を現し、それを貫くことで結果を掴み取った彼らだからこそ、この歌に魂が宿るのだ。

加えて本作は、SiMの最新アルバム『THE BEAUTiFUL PEOPLE』にも収録された“Dance In The Dark”、Crossfaithによる新曲“Revolution”と全3曲が収められた濃厚な1枚となっている。(秋摩竜太郎)

RO69(アールオーロック)

最終更新:5月24日(火)19時0分

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。