ここから本文です

地場企業と「食」発信 創業110周年で加賀屋

北國新聞社 5月24日(火)2時57分配信

 加賀屋(七尾市)は、9月に迎える創業110周年に向け、地場企業との連携を強化する。記念商品の開発を進め、宿泊客に地元の食文化を広く発信する。

 第一弾は柚餅子(ゆべし)総本家中浦屋(輪島市)と企画し、能登のもてなし菓子として伝わる柚餅子といしるを組み合わせた限定商品を手掛けた。パッケージには文化功労者の漆芸家、三谷吾一さんが商品名をしたためた。既に加賀屋で販売を始めている。

北國新聞社

最終更新:5月24日(火)2時57分

北國新聞社