ここから本文です

プジョー、最新版i-コクピットを披露

carview! 5月24日(火)13時30分配信

プジョーは、運転環境を高める内装のデザイン思想「プジョー i-コクピット」の最新作を披露した。今回公開した最新のi-コクピットは、今年第4四半期に発売を予定している次期「3008」への採用が予定されている。(関連記事:http://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20160524-10244983-carview/)

【プジョー 3008の写真をもっと見る(8枚)】

プジョー i-コクピットは、直感的かつ安全で、より自然なドライビング体験を目指して開発されたデザイン思想。現行モデルでは「208」や「2008」「308」に採用され、小径ステアリングホイール、ヘッドアップインスツルメントパネル、大型タッチスクリーンで構成される。機能的でかつ情緒的なレイアウトを特徴とする。

新世代のi-コクピットでは、ステアリングホイールがより小径になり、少ない動きでダイレクトな操作感を実現するとともに、視界の拡大や足元スペースの拡大といった付随的なメリットをもたらすという。

また12.3インチ高解像度タイプの大型ディスプレイを持つヘッドアップインスツルメントパネルは、最新のアニメーションやトランジションによりビジュアル面が進化。運転に集中できる環境をもたらすとともに、操作時の喜びを高めた。

一方、センターコンソールに備わる8インチの大型タッチスクリーンは、タッチパネルの反応を向上させることで、ラジオやエアコンといったアメニティ装備の、より直感的かつ快適な操作を実現したという。

同時にコクピットのデザイン性向上も図った。たとえばクローム仕上げのトグルスイッチは、エレガントな雰囲気とともに上質な操作感を追求している。このほか3Dナビゲーションの採用やApple CarPlayおよびMirrolink、Andoroid Autoとの連携など、インターフェイスや通信機能も最新のものにアップデイトしている。加えて、2つの芳香が楽しめるフレグランスディフューザーを用意するなど、嗅覚のアプローチから快適性の向上を図っている。

株式会社カービュー

最終更新:5月24日(火)13時30分

carview!