ここから本文です

下町ものづくりの祭典開催!職人さんによる面白ワークショップがずらり/東京

Webマガジン コロカル 5月24日(火)23時41分配信

コロカルニュースvol.1695

毎年大賑わいを見せるモノづくりの祭典〈モノマチ〉が5月27日(金)、28日(土)、29日(日)に開催されます! モノマチは、台東区南部にあたる御徒町~蔵前~浅草橋エリアを散策しながら、モノづくりの魅力に触れられるイベント。今年で8回目を迎え、〈はち モノマチ〉の愛称がつけられています。

【写真ギャラリーで見る】下町ものづくりの祭典開催!職人さんによる面白ワークショップがずらり/東京

2km四方に渡る台東区南部エリアは、古くから続く製造・卸のお店が集まり、最近では若いクリエイターたちによる活動が注目されるエリア。 そんな、モノづくりに関わる店舗、メーカー、問屋、職人工房、クリエイター、飲食店等が今回なんと190組も参加。ファッション、生活雑貨、食料品、文具、伝統工芸、インテリア、ギャラリー&スペース、クラフト・材料など多岐に渡る分野のお店が並びます。

おすすめはやはりワークショップ。いつもは公開していない工房で、職人さんたちが直にモノづくりの楽しさを教えてくれます。

匂い袋やくるみボタン、ブローチづくりといった女性向けのものや、革とアクセサリーを自分で選び手帳やペンケースをつくったりビアグラスのラベル製作など、男性も楽しめるワークショップがもりだくさん! 浅草橋にある銭湯の黒湯で布を染める〈黒湯染めワークショップ〉なんていうのもあります。

どれもここでしかつくれない、アイデアたっぷりのオリジナル作品というのが嬉しいんですよね。ほか、参加店に置いてある可愛いスタンプを集めるスタンプラリーや、バックにお好みのアクセサリーをトッピングしてオリジナルのバックを作る〈トッピングラリー〉といった恒例イベントも。

また、普段は入ることのできない〈台東デザイナーズビレッジ〉の施設公開や、各地から選りすぐりのクリエイターが集まりユニークな作品が販売される〈クリエイターズマーケット〉、昔ながらの商店が並ぶ〈おかず横丁〉も見逃せません。モノづくりを楽しんでもらおうという工夫がてんこ盛りなのでサイトを見ているだけでもワクワクしますよ。

ちなみに、今回のロゴの縄のデザインには、〈つなぐ〉という意味が込められているそうです。人とモノをつなぐ、人とまちをつなぐ、という以外にも職人さん同士やお客さん同士もつなげちゃおう、そんな思いが伝わってきます。ぜひ、散策してみてください!

information
第8回モノマチ(はち モノマチ)
会期:2016年5月27日(金)・28日(土)・29日(日)
会場:台東区南部地域一帯(浅草通り、隅田川、神田川、中央通りに囲まれた地域)
参加数:190組(店舗、メーカー、問屋、職人工房 等)


writer profile
Maruko Kozakai
小堺丸子
こざかい・まるこ●東京都出身。読みものサイト「デイリーポータルZ」ライター。江戸っ子ぽいとよく言われますが新潟と茨城のハーフです。好きなものは犬と酸っぱいもの全般。それと、地元の人に頼って穴場を聞きながら周る旅が好きで上記サイトでレポートしたりしています。

【コロカルニュース】とは?
ローカルって、楽しい。ちょっと変な事件や不思議なブーム、うわさの面白い人、イベント告知、コロカル記事の取材エピソードなどなど。愛情を込めて、コロカル視点のおもしろニュースをご紹介!

最終更新:5月24日(火)23時41分

Webマガジン コロカル