ここから本文です

ジロ・デ・イタリア第16S、バルベルデ初優勝…クルイスウエイクが首位堅持

CycleStyle 5月25日(水)10時12分配信

第99回ジロ・デ・イタリアは5月24日、第16ステージがブリクセン~アンダーロ間の132kmで行われた。モビスターのアレハンドロ・バルベルデ(スペイン)が初優勝した。

他の写真を見る

ブエルタ・ア・エスパーニャ区間9勝、ツール・ド・フランス区間4勝のベテランがついにジロ・デ・イタリアも制した。

この日は1955年にスペインのベルナルド・ルイスが大会初優勝した日で、スペイン勢の優勝は106回目。36歳のバルベルデがステージ優勝したのは、昨年のパオロ・ティラロンゴの37歳に次ぐ年長記録。

首位のマリアローザを着るロットNLユンボのスティーブン・クルイスウエイク(オランダ)はバルベルデと同タイムの2位でゴール。ボーナスタイムの差により6秒挽回されたものの、これまでの貯金を利してマリアローザを守り抜いた。

優勝の最有力候補であるアスタナのビンチェンツォ・ニーバリ(イタリア)は1分47秒遅れの区間11位。総合成績では4分43秒遅れとなり、優勝争いから大きく後退した。

NIPPOビーニファンティーニのアシスト役として初参戦の山本元喜は17分57秒遅れの124位でゴール。総合成績は前日の161位から160位に。首位とのタイム差は3時間34分20秒。

最終更新:5月25日(水)10時12分

CycleStyle