ここから本文です

日経平均先物が大きく上昇、円安となったことが好感されて買い先行となりそう

ZUU online 5月25日(水)8時0分配信

おはようございます。ようやく米国株高を受けて日本市場も動きが出てきそうです。「動いた方につく」ということで動くのを待っている向きも多いのだと思います。いわゆる「アルゴリズム取引」に見られるように、株が上昇となると買われ、買われると上昇するので買っていれば儲かるから買われるというように一気に循環することも多く、一転して反転してしまうリスクもあるのでしょうが、とりあえずは上昇となりそうです。

ここのところ閑散とした相場が続いていただけに本日のように米国株が大きく動き、夜間取引やシカゴ市場で日経平均先物が買われ、さらにしっかりと円安が進むということになると一斉に買いが入るということもありそうです。ただ、ここは買われすぎる可能性もあり、慌てて飛びつくというよりはこれまで注目していた銘柄の動き出しに乗るということで良いと思います。焦って高いところまで追いかける必要もないと思います。

本日の日本市場は米国株高や夜間取引やシカゴ市場(CME)の日経平均先物が大きく上昇していたこと、そして為替も円安となったことが好感されて買い先行となりそうです。ここのところ動きが見られなかっただけに「動いた方につこう」と手薬煉をひいて待っていた向きも多そうで一気に戻りを試す動きになりそうです。主力銘柄中心、売られすぎていた輸出関連銘柄などを中心に買い直しの動きが広がりそうです。

日経平均は16,500円水準での底堅さが確認された格好となりそうです。今度は上値が16,800円水準を抜けて17,000円を試す動きになるかどうかというところです。為替が1ドル=110円台をキープできるようであれば、17,000円水準まで上昇となりそうです。当面は16,500円から600円水準を底値という雰囲気になりそうです。

本日の投資戦略

方向感に乏しい展開が続いていましたが、米国株が大きく上昇したことから本日の日本市場でも動きが出てきそうです。サミット開催を控えて動き難い感じもあるのでしょうが、少なくとも大きく売りたたくような材料もないという感じです。欧州での株高、そして米国利上げが取りざたされるなかでしっかりと円安となっているところを見ると世界的な景気鈍化懸念は薄れているという見方もでき、これまでの安全資産としての円買いが一服となる可能性も高まっていると思います。

円高になることがないという雰囲気になれば売られ過ぎている輸出関連銘柄なども買い直されそうですし、世界的な景気鈍化を懸念して売られていた銘柄なども買い戻しも交えて堅調となりそうです。米国の利上げが素直に円安という方向に行くということが確認されつつあり、この流れが続くということであれば株式相場も水準訂正となる可能性もありそうです。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 (現・アルゴナビス)、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。メールマガジンも配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

最終更新:5月25日(水)8時0分

ZUU online