ここから本文です

清水富美加「おいなり」発言!鈴木亮平が制止するも「もっとヤバイこと言える」

Movie Walker 5月25日(水)22時32分配信

異色ヒーロー映画の続編『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』(公開中)の公開御礼舞台挨拶が5月25日に新宿バルト9で開催され、鈴木亮平、清水富美加、原作者のあんど慶周が登壇。“アブノーマルナイト”と題されたイベントにふさわしく、三人がサービスたっぷりに変態トークを繰り広げた。

【写真を見る】鈴木亮平、清水富美加の衣装にツッコミ!「これはおいなりさんなの?丸いのが二つ付いてる」

本作は、女性用のパンティを被る事で変態パワーを発揮し、悪者を退治する変態仮面の活躍を描くコミカルなアクションの第2弾。パンティを被った観客や、イラストを描いてきたファンも見受けられるなど、大盛り上がりで始まったこの日の舞台挨拶。鈴木は「日本語にすると変態の夜。よくこんなイベントに来ましたね。ナイス、変態!」と語りかけ、大歓声を浴びた。

原作者のあんどが参加し、変態仮面の誕生秘話も明らかになった。あんどは「子どもの頃、兄とお風呂に入るときに、『パンツを引っ張り上げて、肩にかけたら面白いな』ということをやっていた」と述懐。「漫画家になろうと思ったときに、あれを漫画化したら絶対に読者は絶対に笑うだろうと思った」とブリーフを引っ張り上げる場面を描きたかったという。

すると鈴木は「ということはパンティを被ることじゃなく、おいなりさん先行なんですか!?」と股間の“おいなりさん”が強調されるシーンを思い出しながら、驚愕。清水も「おいなり先行!」と乗っかると、鈴木が「気をつけろよ。記者さんいらっしゃるから」と制止したが、なんと清水は「いやいや!アブノーマルな夜ですから、記者さんの心配はしていられないです。ヤバイ見出しにしてください」と鈴木の心配をよそにやる気満々。会場からも大きな拍手が上がっていた。

また、前作を上回る規模で海外からのオファーが殺到しているという本作。鈴木は「アジアから変態の輪が広がっている」と感慨深け。「変態仮面には日本のよさが詰まっている。日本のものづくりの真髄がこもった作品。日本代表のヒーローとして海外に持って行ってほしい」と熱弁していた。

清水も「世界中に変態がいるという証明。人類イコール、変態」と熱っぽく語り、「賞を獲ったら、海外のレッドカーペットを変態仮面で歩いてください」と鈴木にお願いするなど、爆笑トークを展開。司会からトーク終了が告げられると「全然、アブノーマルなこと言っていない。もっとヤバイこと言えますよ」とキュートな笑顔を見せ、最後まで会場を盛り上げていた。【取材・文/成田おり枝】

最終更新:5月25日(水)22時32分

Movie Walker