ここから本文です

【MotoGP 第6戦イタリアGP】マルケス、0.019秒の差で惜しくも2位…ホンダレースレポート

オートックワン 5月25日(水)11時46分配信

MotoGP 第6戦 イタリアGPの決勝レースが5月22日、ムジェロサーキットで行われた。

(写真)会場にはアロンソの姿が! フォトギャラリー/36枚

優勝は今季3勝目となるモビスター・ヤマハ・MotoGPのJ.ロレンソ選手 。その0.019秒後にレプソル・ホンダ・チームのM.マルケス選手が2位でチェッカーを受けた。3位にはドゥカティ・チームのA.イアンノーネ選手が入っている。

会場にはF1ドライバーのF.アロンソ選手(マクラーレン・ホンダ)の姿があった。

ホンダ レースレポート

オープニングラップでのマルケス選手は、ロレンソ選手、V.ロッシ選手(ヤマハ)、A.エスパルガロ選手(スズキ)に続いて4番手。そして3周目にエスパルガロ選手を抜いて3番手に浮上すると、前を走るロレンソ選手とロッシ選手のヤマハ勢を追った。

レース中盤には、ヤマハの2人の背後に迫りトップグループを形成するが、9周目に入ってロッシ選手がエンジントラブルでリタイアとなり、2番手に浮上。それからはロレンソ選手との一騎打ちとなった。

そして最終ラップに入り、コース前半のS字区間でロレンソ選手を抜くと、じりじりと引き離した。しかしコース後半に入って、その差を詰めてきたロレンソ選手に抜かれてしまう。マルケス選手はすかさずクロスラインでパスして、再びトップに浮上するも、最終コーナーからのストレートで、マルケス選手のスリップから抜け出したロレンソ選手に先着を許し、惜しくも2位でフィニッシュとなった。

優勝を逃すも、2戦ぶり今季5度目の表彰台に立ったマルケス選手は、ロレンソ選手と10点差の総合2位をキープ。ホームグランプリとなる次戦カタルニアGPでは、総合首位奪還を目指す。

チームメートのD.ペドロサ選手(Repsol Honda Team)は、予選7番手から4位でフィニッシュ。序盤は思うようにペースを上げられず6番手を走行していたが、中盤に入ってリズムをつかむと着実にポジションを上げることに成功。終盤はA.イアンノーネ選手、A.ドヴィツィオーゾ選手のドゥカティ勢とし烈な3番手争いを繰り広げるも、わずかに届かず表彰台を逃した。

ペドロサ選手は、ヨーロッパラウンドに入って3戦連続で4位。表彰台にあと一歩のレースが続いている。しかし、マシンのセットアップは着実に進み、ホームグランプリとなる次戦カタルニアGPでは、今季2度目の表彰台を目指す。

予選16番手から決勝に挑んだC.クラッチロー選手(LCR Honda)は、思うようにペースを上げられず11位。予選17番手から決勝に挑んだJ.ミラー選手(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)はスタート直後の1コーナーで発生した3台の多重クラッシュの犠牲者になり、リタイアに終わっている。

1/2ページ

最終更新:5月25日(水)11時46分

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]