ここから本文です

簡単! 見栄えよし! 家族で食べる運動会のお弁当

ベネッセ 教育情報サイト 5月25日(水)12時0分配信

運動会のシーズンを前に、お弁当作りに頭を悩ませている保護者のかたも多いと思います。特に、家族みんなで食べるお弁当は、人数分のおかずを作るだけでも大変なのに、大きな重箱に見栄え良く盛りつけるのは一苦労ですよね。そこで、2児の母でもある料理研究家の浜田陽子先生に、簡単で見栄えの良いお弁当を作るためのポイントを教えてもらいました。

運動会にはお子さまのテンションが上がるお弁当を

運動会のお弁当を作る際、栄養バランスや消化の良いおかずを作りたいという保護者のかたは多いと思います。お子さまの健康を気遣うことはもちろん大切ですが、運動会は年に1度の大イベント。大好きなおかずを入れてあげて、お子さまのテンションがグッと上がるお弁当を作ってあげてはいかがでしょうか。
しかし、お子さまを喜ばせたいからといって徹夜してお弁当作りをするなど、無理のしすぎは禁物です。お子さまが運動会を楽しみにしているその気持ちに寄り添いながらも、肩の力を抜いてお弁当作りを楽しんでほしいと思います。そこで、簡単で見栄えの良いお弁当を作るためのポイントを紹介したいと思います。

【運動会当日に焦らない、簡単ポイント】前日までに7~8割は完成させておく

運動会当日に全部のおかずを作るのは大変ですから、わたしは、いつも前日までに7~8割は完成させるようにしています。マリネや煮物は作り置きしておき、卵焼きも作って冷凍しておきます。ウインナーなどの炒めものは、材料を切っておくと良いでしょう。当日行う作業を「炒め物と揚げ物の仕上げと、おにぎりやいなり寿司などのごはんものを作るだけ」に絞っておくと、ぐっとお弁当作りが楽になりますよ。
今回は、子どもが大好きな鶏の唐揚げを、運動会向けに華やかにアレンジしたレシピをご紹介します。「揚げ物は面倒だから苦手」というかたも多いと思いますが、特売日に鶏肉を買って下味と衣をつけて冷凍しておけば、当日は揚げるだけ。ぜひ試してみてください。

◆前日までに作って冷凍しておけば、当日揚げるだけ!
 見た目も鮮やかな「鶏の唐揚げ三種盛り」

<作り方>
(1)鶏肉を適当な大きさに切りボウルに入れ、酒、塩、こしょう、おろしニンニクで下味をつける。
(2)溶いた卵を(1)にからませる。
(3)(2)に片栗粉をまぜる。その際、1/3の鶏肉にはゴマを加え、1/3の鶏肉には青のりも加える。
(4)(3)を冷凍する。運動会前日に冷凍庫から冷蔵庫に移しておく。
(5)180度の油で3~5分揚げる。

★ポイント★
・衣の片栗粉はまぶすというより、混ぜてドロッとした状態でOK!
・衣が小麦粉だと、時間が経つとしんなりしてしまうので、片栗粉かコーンスターチを使い、カラっとさせるほうがおすすめ。
・ゴマは白ゴマ、黒ゴマどちらでもOK! 2色ミックスでも!

1/2ページ

最終更新:5月25日(水)12時0分

ベネッセ 教育情報サイト