ここから本文です

国際ステンレス・フォーラム、25日ヘルシンキ総会

日刊産業新聞 5月25日(水)11時44分配信

 日米欧中韓など世界の主要ステンレスメーカーが加盟する国際ステンレス・フォーラム(ISSF)の総会(ISSF―20)がフィンランドの首都ヘルシンキできょう25日開幕する。ヘルシンキでの開催は11年ぶり。これに先立ち23日から各委員会が始まり、同日には日新製鋼ステンレス鋼管の加藤正典氏が東京都におけるステンレス給水管(SUS316L)の普及実績・使用事例などを発表。耐食性、強度が優れているステンレス給水管の特性により「漏水率が2%と世界一の低さであること」などを紹介した。

最終更新:5月25日(水)11時44分

日刊産業新聞