ここから本文です

券売機体験や路線図タオル限定販売も 「よこすかYYのりものフェスタ」6月開催

乗りものニュース 5月25日(水)12時0分配信

クルマや海自の艦艇なども展示される乗りものイベント

 JR東日本・横浜支社は2016年5月20日(金)、「よこすかYYのりものフェスタ2016」において同社が実施する展示や実演などの詳細を発表しました。

「よこすかYYのりものフェスタ2016」は神奈川県横須賀市内の複数の会場で6月11日(土)と12日(日)に開催される横須賀市観光協会主催のイベントです。鉄道をはじめ、クルマや海上自衛隊の艦艇など、乗りものに関する展示や関連企画が実施されます。

 JR東日本はJR横須賀駅の保守基地内を会場にして、車両や施設の展示、実演などを行います。電線の張り替えや設備の取り換え、検査などに使用する、線路も走れる特殊な自動車「軌陸車」の乗車体験や、線路のゆがみなどを直す保守用車両「マルチプルタイタンパー」の操縦室見学などを実施。初の企画である駅の券売機と自動改札機の展示では、実際にイベント用のきっぷを発券し、自動改札機に通す体験ができます。

 また、ヴェルニー公園では鉄道グッズや弁当などを販売。昨年、好評につき完売したという横須賀線、総武線の路線図と車両が描かれたマフラータオル(1300円、30枚限定)や、乗車体験会(受付終了済)に登場する伊豆急行2100系の「リゾート21・黒船電車」をデザインしたサインボード(1600円、200枚限定)、オリジナルの掛け紙が付いた記念弁当などの商品が並ぶ予定です。

 イベントではこのほか、子ども駅長制服撮影会やミニ電車の運行といった子ども向け企画、ヘッドマークや懐中時計などの鉄道古物販売なども行われます。

乗りものニュース編集部

最終更新:5月25日(水)12時56分

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]