ここから本文です

「愛にあふれた人になりたい」女子高生を魅了するシンガー、FUKIの新曲「With U」は、家族への愛がテーマ/<視線の先>インタビュー

トレンドニュース(GYAO) 5月25日(水)18時51分配信

ビクターエンタテインメントの新レーベル「AndRec」から新たにデビューした、シンガーソングライターのFUKI。デビューシングル「キミじゃなきゃ」に続き、「キミがスキ」「キミへ」と3部作を展開し、その“恋がしたくなる“歌詞が女子高生を中心に話題となり、SNSによる拡散で「FUKI現象」を巻き起こした。そんな彼女が、新たなシングル「With U」を5月25日にリリースする。大切な人を「大きな愛」で包み込むような歌詞の内容は、より幅広いファン層を獲得しそうだ。夏や海が大好きだという反面、一人で過ごす時間も欠かせないという彼女。その多面的な魅力に迫った。

5月25日リリース FUKI「With U」>>

■ 恋愛が長続きする秘訣(ひけつ)は、受け入れて許すこと

ーー今回の新曲「With U」は、どんなふうにして出来た曲ですか?

FUKI:曲作りの最初に、プロデューサーのEIGOさんに「お父さんとお母さんに向けて書いてきて」って言われて、普段言えないことを書こうと思って書いた曲です。わたし、すごく不器用だし、あまり家で話をしたりしないので、「ありがとう」とか「ごめんね」とか言えないんです。いつも一番近くにいてくれて、一番言わなきゃいけない相手なのに、近くにいるから言えないというか。そういうことをEIGOさんに話したら、「その想いを書いてきなさい」って言ってもらったんです。だから、自分にとって一番大切な人に向けて歌った「大きい愛の曲」なんですよね。

ーー聴く人によっては、恋人を思い浮かべたり、家族を思い浮かべたり、友だちを思い浮かべたりっていうことですね。

FUKI:はい。

ーー歌詞の中で、最初に出てきたフレーズは?

FUKI:『1人でうつむいてないで帰っておいでよ』っていう最初のフレーズですね。こういうことが実際にあったんです。失恋して、夜遅くなっても帰らないでいたとき、お母さんから「帰っておいでよ」って言われて。歌詞を書き始めた時、最初にそれを思い出しました。

ーー「ずっと変わらないものなんてないかもだけど なら変わり続けながら一緒にいようよ」というフレーズがありますが、恋愛が長続きする秘訣(ひけつ)ってなんだと思いますか?

FUKI:えー! なんでしょうね......受け入れて、許すことじゃないですかね。さすがに浮気とかはイヤですけど、大抵のことは許すタイプです。自分自身も相手に許してもらえないとムリなんで。......って、別にそんな自由奔放でもないですけど(笑)。

ーー家族に対しても恋人に対しても、「大きい愛」で包み込みたいっていう感じ?

FUKI:そうありたいって思いますね。誰にでも愛を持って接したい。愛に溢れた人になりたいです。

1/3ページ

最終更新:5月25日(水)19時2分

トレンドニュース(GYAO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。