ここから本文です

新型「NSX」量産第1号は“約1億5千万円!”ついに納車開始

オートックワン 5月25日(水)15時20分配信

Acuraは、新型「NSX」北米仕様車の量産第一号車をラインオフし、購入者へ納車した。 

>>新型「NSX」フォトギャラリー

第一号車のオーナーとなったのは、2016年1月に行われたBarrett-Jackson(※1)のチャリティーオークションにおいて、120万USドル(131,868,000円 2016/05/25 時点)でその権利を落札したリック・ヘンドリック氏。落札金額は、米国の2つのチャリティー団体(※2)に寄付された。

なお、車両本体価格は別途かかる。新型「NSX」の価格は、工場装着オプションを含め156,000~205,700USドルとしており日本円に換算すると171,444,109円~22,606,430円となる。(2016/05/25 時点)

第一号車のオーナーのリック・ヘンドリック氏は、「この素晴らしい新型NSXの第一号車を手にすることと、これを通じてチャリティーに貢献できることは、非常に特別な瞬間であると感じています」とコメントした。

新型NSXの量産は、専用工場として設立されたオハイオ州メアリズビルの「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター(PMC)」で行われ、北米仕様車を皮切りに各地域向けの生産も順次始まる。

なお、日本での発売については発表されていない。情報が入り次第お伝えする。


※1 Barrett-Jacksonは、1971年創設のアリゾナ州に本拠地を置くカー・コレクター向けオークションウェブサイト

※2 Pediatric Brain Tumor Foundation(小児脳腫瘍患者を支援する非営利団体)と、Camp Southern Ground(カントリーバンド「Zac Brown Band」のボーカルであるZac Brown氏が主宰する非営利団体・キャンプ体験を通して子供たちの成長や自立を支援する)

各コメント

▽PMC NSX生産プロジェクトリーダー クレメント・ズソーザ氏

「今日は、我々PMCにとって大きな夢が実現した日であり、このオハイオで30年以上にわたり培ってきた生産技術や知見の集大成となる日です。NSXのデザインや生産においては、熟練したスキルを持つエキスパートたちが集まり、高いクラフトマンシップによる大きなイノベーションを実現しています。」


▽アメリカン・ホンダモーター副社長 アキュラ担当役員 ジョン・イケダ氏

「新型NSXはAcuraのDNAをまさに体現するモデルです。この夢の商品を他のお客様にも早くお届けしたいと思っており、これを契機として今後もさらにAcuraを発展させていきます。」

最終更新:5月25日(水)16時24分

オートックワン