ここから本文です

SHカッパー、車・環境・インフラ注力

日刊産業新聞 5月25日(水)13時9分配信

 日立金属と住友金属鉱山が折半出資する伸銅メーカー、SHカッパープロダクツ(本社=茨城県土浦市、金谷史男社長)は、2018年度(19年3月期)を最終年度とする現中期経営計画で自動車、環境、産業・インフラ分野向けの商品開発に注力する。市場の拡大と付加価値を見込める需要分野向けの構成比率を高めることで、収益改善を図るとともに時期中計での成長の土台を作る。

最終更新:5月25日(水)13時9分

日刊産業新聞