ここから本文です

ミランの次期監督候補と噂されるジャンパオロ「光栄なことだが具体的なことは何もない」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月25日(水)8時50分配信

師匠が推してくれているだけ

今季終盤、シニシャ・ミハイロビッチに代わりミランを率いることとなったクリスティアン・ブロッキには、少ない期間で結果を残すことが求められていた。だが、その期待に応えることができず、リーグ戦での最終順位は7位。さらにはコッパ・イタリアの決勝でもユヴェントスに敗戦し、来季のヨーロッパリーグ出場を逃してしまった。それを受けてミランは、すでに新監督の招へいを画策していると複数メディアが報じている。

そんな中、次期監督候補と噂されるエンポリ監督のマルコ・ジャンパオロがミランについて語った。伊『calciomercato』によると、イタリアサッカー協会のイベントに参加したジャンパオロはインタビューで「ミランに興味を持ってもらえることは光栄なことだけど、会談などの具体的なことはまだ何もないんだ。元ミラン監督のアリゴ・サッキが私のことを推してくれているようだけど、彼は私の師匠だから。2年前にもU-21を指揮するように言われたよ。だから彼の言葉だけじゃ満足できないね」と述べ、まだミランとは接触してないことを明かした。

ミランを率いること自体はまんざらでもなさそうなジャンパオロだが、もし同クラブからオファーが来たら彼は引き受けるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月25日(水)8時50分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報