ここから本文です

アデル、ソニーと超高額144億円契約?

ELLE ONLINE 5月25日(水)21時36分配信

アデルの新たな契約について報じたのはイギリスの新聞「ザ・サン」紙。ソニーレコードと契約金9000万ポンド(約144億円)で間もなく契約するとみられているそう。

アデルはこれまでイギリスのレーベルXLと契約していたけれど、3枚のアルバムをリリースしたことで契約は満了。ソニーの関係者は「我々はこの世代で最大の音楽界の星を確保した。これは非常に大きな話だ」とコメントしているそう。これまでもソニーの子会社のコロンビアレコードがアデルのアメリカでのリリースを請け負っていることから「我々はアメリカにおいてすでにアデルとの関係を構築している」「この新たな契約によってソニーは全世界でアデルのこれからの作品を独占的にリリースする権利を得る」と語っているとか。

この契約が実現すれば史上最高額の契約金になるそう。これまでのトップはイギリスのロビー・ウィリアムスが2002年にEMIと契約したときの8000万ポンド(128億円)とか。ちなみにアデルの現在の資産は8500万ポンド(136億円)。契約にサインすれば資産がいきなり倍になるというわけ! あまりにも数字が大きくて想像がつかないけれど……アデルの偉大さはよくわかった!(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:5月25日(水)21時36分

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。