ここから本文です

全豪覇者のケルバーが初戦敗退 [全仏テニス]

THE TENNIS DAILY 5月25日(水)11時0分配信

 フランス・パリで開催されている全仏オープン(5月22日~6月5日)の3日目。

 全豪覇者で第3シードのアンジェリク・ケルバー(ドイツ)が1回戦負けを喫した。肩の故障に苛まれていたケルバーは、世界ランキング58位のキキ・バーテンズ(オランダ)に2-6 6-3 3-6で敗れた。

全豪女王のケルバーが初戦でバーテンズに敗退 [全仏オープン]

 ケルバーは第3セット、0-3のチェンジエンドの際に肩の治療を受けた。少しの間コートを離れ、戻ってきてからは自分のサービスゲームをキープしたが、ブレークバックを果たすことができず、そのまま敗れた。

 ケルバーはマドリッドとローマの大会で初戦敗退を喫したのち、先週は肩の故障のためニュルンベルグの大会を棄権していた。

「日に日に悪くなっていたの。過剰に悪い状態でないよう祈るわ」とケルバー。

 全豪覇者がロラン・ギャロスの1回戦で敗れたのは、ここ3年で2度目のこと。同じことは、2014年にリー・ナ(中国)にも起きた。そのほか、クリス・オニール(オーストラリア/1978)、バーバラ・ジョーダン(アメリカ/1979)、リンゼー・ダベンポート(アメリカ/2000)も、ロラン・ギャロスで1回戦負けした全豪オープンのタイトルホルダーたちだ。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: PARIS, FRANCE - MAY 24: Angelique Kerber of Germany reacts during the Women's Singles first round match against Kiki Bertens of the Netherlands on day three of the 2016 French Open at Roland Garros on May 24, 2016 in Paris, France. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:5月25日(水)11時0分

THE TENNIS DAILY