ここから本文です

富山市の議員報酬 月10万円アップの改正案提出へ/富山

チューリップテレビ 5月25日(水)20時37分配信

 富山市でも議員報酬をめぐる動きがありました。

 富山市は、議員報酬の額を月10万円引き上げるとした条例改正案を市議会6月定例会に提出することを明らかにしました。これは、有識者による審議会の答申どおりの内容です。
 これは、25日開かれた議案説明会で市が議員に説明したものです。
 条例改正案では、議員報酬を現在より月額10万円引き上げ、議員を70万円に、議長を81万5000円に、副議長を74万5000円にするとしています。
 この引き上げ額は、森市長から諮問された有識者でつくる審議会が今月19日に出した結論どおりで、市議会で可決されれば、全国の中核市で最も高い額となります。
 富山市は、この条例改正案の内容について、有識者による審議会が付帯条件として出した「▼次の改選の時に議員定数を確実に削減すること、▼インターネットによる議会中継の早期実現」などが前提だと説明しています。
 取材に対し、市の担当者は、「審議会の答申が市民の感覚であり、尊重した」としています。
 また、富山市議会の市田龍一議長は、「申し入れの趣旨をほぼ認めていただいた。今後とも議会改革に鋭意努め、審議会の要望、さらには市民の皆様の負託にしっかりと応えてまいりたい」とコメントしています。
 富山市議会6月定例会は来月1日に開会します。

チューリップテレビ

最終更新:5月25日(水)20時37分

チューリップテレビ