ここから本文です

【MLB】イチロー4試合ぶり無安打もダイレクト返球に賛辞 リーグ3位タイ5補殺目

Full-Count 5月25日(水)12時20分配信

42歳以上の3試合10安打は122年ぶりとなったイチロー

 24日(日本時間25日)の本拠地レイズ戦(3-4負け)で4試合ぶりに無安打となったマーリンズのイチロー外野手。それまでの3試合で13打数10安打を放ったベテランは“小休止”となったが、守備で存在感を見せた。

イチロー、世界一の安打製造機へ MLB歴代通算安打数ランキング

 1点を追う7回1死三塁の守備。この日、「1番左翼」でスタメン出場したイチローは左翼線に飛んだ打球を捕球すると、二塁を狙ったピアースをダイレクト返球で刺してピンチを最小限にとどめた。

 イチローはこの日の補殺でパドレスのメルビン・アップトンと並び今季ナ・リーグの外野手で3位の5補殺に。1位はパドレスのマット・ケンプ、パイレーツのスターリング・マルテの6個となっている。イチローは他の3選手よりも出場イニングが3分の1以下ながら、その強肩で守備面でも貢献。42歳の好守に、この日の試合を中継した地元テレビ局でも「とてもいい送球ですね」との賛辞が贈られた。

 米記録専門会社エライアスによると、42歳以上の3試合10安打は1894年のキャップ・アンソン以来、122年ぶりだったというイチロー。この日は5打数無安打で打率.385となったが、4試合連続のスタメンでは衰え知らずのプレーを随所に見せている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月25日(水)14時14分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。