ここから本文です

【MLB】Kロッドが史上6人目400セーブ達成 本人も予想外「夢にも思わなかった」

Full-Count 5月25日(水)16時2分配信

シーズン最多セーブ記録を保持する守護神が金字塔に到達

 今季からタイガース守護神となったフランシスコ・ロドリゲス投手が24日(日本時間25にち)、本拠地でのフィリーズ戦で今季メジャー14セーブ目をマークし、通算400セーブに到達した。これは、マリアーノ・リベラ(652)、トレバー・ホフマン(601)、リー・スミス(478)、ジョン・フランコ(424)、ビリー・ワグナー(422)に次ぐメジャー史上6人目の快挙。メジャー15年目のベテランは「夢にも思わなかった」と偉業達成を喜んだと、ESPN電子版が伝えている。

日本人メジャー歴代セーブ数ランキング

 2002年に弱冠20歳でデビューしたKロッドは、2000年代前半の常勝軍団エンゼルスの看板投手となった。2005年からは4シーズン連続で40セーブ以上を記録。2008年にはメジャーシーズン最多の62セーブを記録した。その後、メッツ、ブルワーズと移ったが、昨オフにタイガースへトレード移籍していた。

 デビュー当時は、まさか400セーブという数字を達成するとは思っていなかったという。

「アメリカに来た当初は、大きな夢を抱えた少年に過ぎなかった。だから、400セーブなんて考えたことすらなかった。はっきり言えるのは、自分はこれまで記録のためにプレーしたことはないということ。野球が好きだから投げ続けているんだ。血管の中にも、熱い野球への愛が流れている。正直なところ、自分が上手にできる唯一のことが野球なんだ。記録なんて関係ないんだよ」

 守護神はそうキャリアを振り返ったという。

同僚バーランダーも祝福「残念ながらこのセーブ数の大半は反対側から眺めてきた」

 まだ34歳。もちろん、これからも現役クローザーとしてセーブを積み重ねていく。「辞める気なんてまったくないよ。一生懸命働いて、セーブを重ねるだけ。自分が辞めると決めた時、キャリアを振り返ってみることにするよ」とコメントしている。

 今季からの同僚となった先発バーランダーも賛辞の言葉を贈る。

「残念ながらこのセーブ数の大半は、反対側のダグアウトから眺めてきた。だからこそ、今こうやって自分たちのために試合を締めてくれるのはいい気分だ。スペシャルな瞬間だった。長い間、第一線のクローザーとして活躍し続けている。400っていうのは、けっこうな数だよ。おめでとう」と話したとレポートされている。

 今季はこれで14セーブ目。順調にいけば、5位ワグナー(422)、4位フランコ(424)の数字は、今季中にも追い越すことができるかもしれない。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月25日(水)16時54分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。