ここから本文です

浦和FW李忠成がFCソウル戦の意気込みを語る「FCソウルは日本で言えば浦和レッズ」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月25日(水)17時20分配信

ベスト8進出へ闘志を燃やす

浦和レッズFW李忠成が25日に開催されるFCソウル戦の意気込みを語った。

2004年にFC東京でプロのキャリアをスタートした李忠成は柏レイソルやサンフレッチェ広島、サウサンプトンを経て2014年から浦和でプレイする。昨季も24試合に出場してクラブのACL出場権獲得に貢献した同選手だが、今季はリーグ戦11試合中10試合に先発出場。ACLでもグループ突破に貢献した李忠成は、18日に開催されたラウンド16の1stレグ、ソウル戦でもフル出場で1-0の勝利に貢献した。

25日にはソウルとの2ndレグを戦う李忠成。同選手は敵地での一戦に向けて「日本と韓国のみんなが注目する試合になります」とコメント。「東地区ではFCソウルが一番強いと思っていました。その相手を叩けるのは嬉しいことですし、Kリーグでも首位の相手ですから、面白い試合になると思います」と語った。同選手のコメントをクラブ公式サイトが伝えている。

また李忠成はソウルを「日本で言えば浦和レッズのような存在で、首都の人気チームです」と説明。「でも強いのは我々浦和レッズです。だから勝たなければなりません」と試合に向けて闘志を燃やした。2ndレグは25日の19時30分にキックオフを迎える。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月25日(水)17時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。